体操男子個人総合2連覇の内村選手!仲間の友情に世界中から絶賛の声!

スポンサードリンク



地10日に行われたリオデジャネイロ五輪の
体操男子個人総合決勝でロンドン五輪金
メダリストの内村航平選手が、6種目合計
92・365点という圧巻の演技を見せ、
44年ぶり史上4人目の連覇を達成しました!


内村選手は5種目までトップだった
オレグ・ベルニャエフ選手と0・901点差で
迎えた最終種目の鉄棒で着地まで完ぺきな
演技を見せ、大逆転勝利!


2位のオレグ・ベルニャエフ選手との差は、
0・099点差。


内村リオ
出典:https://www.google.co.jp/


この快挙は世界でも大きく報じられており、
海外メディアから「キング・コウヘイ」
最大級の賛辞が贈られています!


体操史に残る名勝負を、米放送局
「NBC SPORTS」電子版は「“キング・
コウヘイ”ウチムラは総合タイトルを
2連覇」とレポート。


「キングはいまだに君臨する。
個人総合決勝の信じられない激闘の後、
コウヘイ・ウチムラはトップに立った。

彼は最終演技の鉄棒で完璧なルーティンをこなし、
“キング・コウヘイ”として王座を保った」と逆転が
かかった最終演技の集中力を絶賛。


内村鉄棒
出典:https://www.google.co.jp/


試合直後のメダリスト会見では世界大会
8連覇の内村選手に対し、海外メディアから
「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」
という質問が飛び・・・。


内村選手は淡々と
「まったくそんなことは思ってない。みなさん公平に
ジャッジをしてもらっている」と答えた後、
この質問に怒りを覚えたのが誰であろう
ベルニャエフ選手だった。


「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、
スコアに対してはフェアで神聖なもの。
航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。
それは無駄な質問だ」
と言い放った。


会見の中ではベルニャエフ選手と、銅メダルの
マックス・ウィットロック選手からも内村選手への
称賛が相次ぎました。


マックス・ウィットロック
出典:https://www.google.co.jp/

「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。
今日の最後の鉄棒は言葉がない。
クレイジーとしかいえない」

(ウィットロック)


ベルニャエフ
出典:https://www.google.co.jp/

「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。
この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。
世界で1番クールな人間だよ」

(ベルニャエフ)


賛辞の嵐に内村は真ん中で
気恥ずかしそうにしていました。





そんなベルニャエフ選手の
スポーツマンシップの振る舞いは
試合直後にも現れていましたね。


海外メディアも言及しています。

「ベルニャエフは結果を受けてショックを受けた後、
ウクライナ国旗を持ってウチムラとともに
笑顔で写真に収まった。

ベルニャエフは『ウチムラは最も尊敬する
体操選手の一人』と話しており、スポーツマン
シップが1日を支配した」と銀メダリストを称えている。


怒り
出典:https://www.google.co.jp/


お互いに真剣勝負だからこそ、
お互いに尊敬し合う国の垣根を越えた、
感動を呼ぶ名勝負に感謝の気持ちで
いっぱいです。


内村選手!
感動をありがとう!
そして、おめでとう!



【NHKリオ】内村の6種目 全部見せます 体操個人総合決勝
関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク



コメント

非公開コメント