テニスの錦織圭 熊本地震の避難所へ、自ら使用するマットレス1000枚贈る!

スポンサードリンク




織は「避難生活が長引きそうで、
避難されている人からは、避難疲れから
体調面の不安を口にする人も多いと
聞いています」と熊本の被災者たちの健康面を心配。


地震が相次いでいる熊本県の避難所で
生活している人たちを支援しようと、

「今自分ができることを考え、自分も使っている
マットレス1000枚、避難所へ送ることにしました」と、
被災者たちが少しでも安らかに眠れるよう、支援物資を
選びました。


錦織圭 全仏


これは錦織選手が日本時間の22日朝、
自身のブログで明らかにしたもの。


錦織選手のマネジメント会社など関係者によると、
錦織選手はスポンサー契約を結ぶ
寝具メーカーにマットレスを発注し、
その一部が南阿蘇村の救援物資の倉庫として
使われている中学校に届けられたということです。


残りは、南阿蘇村のほか、熊本市内のお年寄りや
子どもに優先的に使ってもらえるよう送る 予定だ
ということです。


マットレス1000枚はかなりの数だが、
錦織選手は「もう少しの間、皆さんには
踏ん張って、この苦難を乗り越えてほしいです。
たくさんの子どもたちの笑顔が見られるように、
僕もテニスコートに全力で向かいます」


「まだまだ数は足りないかもしれませんが、
一人でも多くの人の体を休められるのに
役立ってもらえばと思います」と、
1000人の被災者に快眠を提供しました。



949850.jpg


年間を通して世界各地を飛び回る、
プロテニスプレイヤーの錦織圭選手。


過密スケジュールをこなし、常に最高の
パフォーマンスを求められる過酷なツアー生活。


そんな中で、コンディションを整えるための
睡眠環境は極めて重要です。


2009年から転戦先にいつも持って行く
マットレスパッド。

それがエアウィーヴ。



なぜずっと愛用しているのか。

「ホテルによってはベッドが柔らか過ぎて、
体に合わないことも。

エアウィーヴの硬さが自分にはちょうど
いいみたいで、ベッドの上に敷いて寝ると、
腰の重さがなくなり、熟睡できるので、
連戦の中でも体調を維持できるんです」と
彼は言います。


大きな特長の1つが、すぐれた体圧分散機能。


三次元に絡み合った特殊素材があらゆる方向から
体を支え、均等に体圧を分散して負担を軽減。


さらに適度な反発力を持ち、寝返りがラクで
深い睡眠を妨げません。


エアウィーヴは、独自の極細繊維状
樹脂素材を使用し、空気を編むようにして
つくられた、新次元のマットレスパッドです。


さまざまな実証研究を重ねることで、
睡眠の質を追求し続けています。

錦織圭選手をサポートする良質な眠りを、
ぜひご家庭でも。

関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク



コメント

非公開コメント