タイタニック号沈没事故は14年も前に予言されていた!?

スポンサードリンク





1912年4月に発生した「タイタニック号事件」
この世界最大の海難事故を予言したかのような
小説や文章はあまりにも有名です。


maxresdefault.jpg


まず最初に詩があります。
1874年、客船が氷山に激突する、という内容の詩を書いた
アメリカの女流詩人のシーリア・サクスター
その悲歌のなかでは、乗客全員が死亡する、
ということになっていました。



次に1886年、客船が衝突事故を起こす
という小説を書いた、イギリスの著名な
ジャーナリストであるウィリアム・T・ステッド。
その船には救命ボートが足りずに、最悪の事態と
なるという筋書きだった。


220px-William_Thomas_Stead.jpg
「ウィキペディアより引用」


さらにステッドは1892年、『旧世界から新世界へ』という本を
出版します。
この本には、北大西洋上で氷山に激突し、
それが原因で沈没する船の話が出てくる。

また、沈む船の船長の名前はE・J・スミスだった。

その名は実在するタイタニック号船長と同じ名字。

さらに恐ろしいのは、作者ステッド自身が
タイタニック号に乗っており、命を落としたという事実です。



しかも驚くべきことに、
このステッドの死を予言していた人物がいました。

ジョー・デズモンドという若いジャーナリストです。

ステッドとデズモンドがロンドンをいっしょに
散策していたときのこと、
ステッドが近々乗るタイタニック号について
まくしたてているとき、デズモンドは奇妙な
気分に襲われました。



生まれて初めて、死が身辺に迫っているという
感覚がわいてきたそうです。
そして、ステッドが間もなく死ぬだろうと
確信したのでした。



このステッドについては、
さらに不思議な現象も報告されています。
タイタニック号が沈没する前、正確には
タイタニック号が氷山と衝突した十分後、
つまり沈没するまでには、あと二時間半もあったとき、
まだ生きているステッドの顔が、
遠く離れたアメリカのマサチューセッツ州の
チェイス夫人によって目撃されたのでした。


突然、一人の人間の顔が出現し、
まるで肉体から離脱した霊魂のように、
手をのばせば届きそうな位置にとどまったまま、
彼女の目の前で浮いています。

その髪とヒゲが濡れたままになっているのに
目をとめたチェイス夫人は、タイタニック号の
ニュースを聞いた後、娘の買ってきた新聞に
掲載されていたステッドの写真を見て、
一昨日目撃した人相と同一人物で
あることを見てとったのです。



My Heart Will Go On Official Music Video
With Lyrics On Screen



関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク



コメント

非公開コメント