山崎賢人、月9でドSの天才シェフ役も「普段はドMなんで…」大暴露!

スポンサードリンク




7月スタートの月9ドラマ『好きな人がいること』の
公式ツイッターアカウントにて、主演の桐谷美玲さんと
同作で共演する三浦翔平、野村周平さんのそれぞれとの
ツーショット写真が公開されました。

好きな人がいること
出典:https://www.google.co.jp/


2ツイート共に1万以上の「いいね」がついており、
三浦、野村と三兄弟を演じる山崎賢人さんとの
ツーショットを期待する声も多数寄せられている。


このドラマは、主演の桐谷演じる恋愛下手な主人公・
櫻井美咲が、三浦翔平・山崎賢人・野村周平演じる柴崎三兄弟が
経営する海辺のレストランで、住み込みのアルバイトをすることで
始まる、ひとつ屋根の下で繰り広げられるラブコメディ。



山崎は、レストランを支える天才シェフだが、
美咲を認めない最低最悪の超ムカつく次男・夏向を演じる。



このようにドSのキャラクターを演じる山崎だが、
「普段はドMなんで…」と突然告白。



司会の渡辺和洋アナウンサーに「見た感じのイメージは、
どちらかと言うと自分から引っ張っていくような感じですけど…」と
聞かれると、「じゃあそのイメージを今回ドラマでピシっと
定着させたいなと思います」と答えたが、三浦から
「本当はドSだもんな?」と助け舟を出されても、
「本当はドMです」と強調していた。



この制作発表は、ウェブのライブ配信で行うという
初めての試みで、1時間弱の間に、LINE LIVEでの
視聴数は約60万にまで達した。



会見中には、セルフィーで4人のショットを
撮影した写真を公式Twitterに掲載し、
1日21時現在で約4万のリツイート。



同日午前0時に開設された同アカウントの
フォロワー数は、6万を超えている(同日21時現在)。



桐谷は「このドラマはどんどん新しいことに挑戦して
いこうっていうコンセプトでやっているので、すごく楽しみです」と
さらなる新たな展開を予告し、三浦も「今回すごい攻めてます。
新しいことをやろうというコンセプトのもと、若い世代の方たちを
ガシっと!(つかんでいきます)」と力を込めた。



また、山崎は「月曜9時、本当に新しい月の形というか、
見た人が好きな人がいることが本当にすてきなことだと
思ってもらえるような、青春と兄弟愛と、いろんな愛に
あふれた新しい時代を作っていけるような、
ムーブメントを起こすような、いいなって思ってもらえる
この夏の熱いドラマにしていきたいと思います」と
意気込みを語った。



好きな人がいること1
出典:https://www.google.co.jp/


さて今回の月9ドラマ『好きな人がいること』の
脚本を書いている、桑村さや香さんとは
どんな人物なのでしょうか?



実際にチェックしてみると
桑村さや香さんは埼玉県出身の脚本家。



2008年に『輪廻の雨』で
第21回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞されています。



また4度目の共演となる福士蒼汰さんと有村架純さんの
W主演で映画化された映画『ストロボ・エッジ』や
岡田将生さん主演、剛力彩芽さんがヒロイン役の
「未来日記 ANOTHER:WORLD」を手がけた後、
2015年、福士蒼汰さんと本田翼さんが共演した
月9ドラマ、『恋仲』を担当していました。



今回の月9ドラマも益々期待が膨らみますね。



7月スタートのフジテレビ系月9ドラマ
『好きな人がいること』(毎週月曜21:00~21:54)

乞うご期待!



夏の月9「好きな人がいること」
関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク



コメント

非公開コメント