珍獣ハンター イモトvsグリズリー 絶対笑える名勝負!

スポンサードリンク



獣ハンターとして10年目を迎えたイモトさん、
もう一度初心を思い出して珍獣ハントが炸裂します。



今回は振り返りとして
過去の名勝負「イモト vs グリズリー」をご紹介!


イモト vs グリズリー
出典:https://www.google.co.jp/


そもそもグリズリー(Grizzly)は
北アメリカに生息するクマ科の大型動物で、
ヒグマの一亜種です。



日本名はハイイログマと呼びます。


グリズリー
出典:https://www.google.co.jp/


最大級の個体は体重が450kg以上に達するそうで
1979年にイエローストーン国立公園で508kgの個体が
麻酔銃で捕獲・計量されたそうですよ。



平均的な大きさは日本のヒグマとあまり変わりません。
ただ、肩のコブがより盛り上がっています。



時速50km程で走り、泳ぎも得意としますし、
木登りについては若い個体は得意とするが、
成獣は体重が増加するためほとんど登らなくなります。



住宅地の近くに棲む個体はゴミを漁ることもあり、
環境問題になっているようです。



「 グリズリーのド迫力の対決に恐怖する」頂上決戦



グリズリー…
迫力ありすぎです



そんなグリズリーに我らの珍獣ハンター 
イモトさんがガチで向き合いグリズリー対策を
披露してくれます。



ぜひ、お楽しみください!


イッテQ 珍獣ハンター イモト vs グリズリー 絶対笑える
Ayako Imoto vs grizzly bear Rare animal Hunter



関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク



コメント

非公開コメント